Archive for 8月 2010

galletas de pulpo/たこせんべい

今日は日本から持ってきてもらったお菓子の試食会。場所はというと、いつものバル、O'Hara's(ビールがジョッキで出てくるアイルランドバル。ロモやトルティージャ等が食べ放題)で、ビールと一緒に試食タイム。お菓子の内容はというと、うなぎパイ、たこせんべい、プリッツ(餃子味・小倉トースト味)、たこ焼きスナック。まずはあまり抵抗のなさそうなプリッツ、たこ焼きスナックから試食開始。たこ焼きスナックはスペイン人の口にかなりあったみたいで、スペインで売ったら間違いなし!プリッツの方もなんなくクリアー。餃子味好き派と小倉味好き派に分かれました。その後、少しずつスペイン人にとって難易度の高そうな商品へ・・続いてはうなぎパイ。材料にうなぎ粉が入っているとはいえ、味は普通のパイとあまり変わらないので、これもかなり大うけ。ある人は自分の家にお土産として持って帰りました。一番の難関はというと・・・たこせんべい。十分みんなの分のたこせんべいはあるのに、好奇心旺盛な友達(フアンマ)がとりあえず1袋(せんべい2枚入り)だけ開けてみんなでにおいチェック。日本人にとっては普通のにおいでもスペイン人にとってたこせんべいの匂いはかなり独特らしく、一人一人のリアクションがこれまた面白い(どの人も、まず未確認生物に近づくかのような顔をしてせんべいに鼻を近づけ、何か一言。その後次の人へバトンタッチ)。とりあえずたこせんべいがみんなの席を1周(においチェック)した後、いよいよ試食。においからしてかなり強烈な味を想像していたスペイン人、実際のお味はなかなかグッド!という意見が大半。話のタネになりました。

El otro día nos reunimos en el bar irlandes O'Hara's para probar las galletas japonesas que me trajo mi familia y mis amigos. Los hojaldres de Anguila(hojaldre con polvo de anguila y ajo), las galletas de pulpo y calamar, snack de Takoyaki(las bolas de pulpo ) y los palitos de sabor a Gyoza y Azuki(judias rojas dulces). Les gustaron casi todas, excepto las galletas de pulpo y calamar, mis amigos decían que el olor era muy fuerte aunque el sabor no era tan malo como ellos pensaban. Mientras probabamos mis galletas, el dueño del bar nos ofrecía unos platos de pinchos(chorizo,lomo y tortilla) y ese día casi cenamos, comiendo muchas cosas.



La galleta de pulpo y calamar(izquierda). El plato que nos ofreció el dueño.話題のたこせんべい。お隣はチョリソの皿。


A Fernando le ha gustado el hojaldre de anguila. A Juanma le ha gustado el snack de Takoyaki
フェルナンドのお気に入りはうなぎパイでした。ちなみにフアンマのお気に入りはたこ焼きスナック。

           Marta マルタ        Con Cris クリスと

           Con Juanma フアンマと     Ricardo リカルド
            Juanma, Javi, Maximo,Ricardo, Jorge y Cris
           フアンマ、ハビ、マキシモ、リカルド、ホルへ、クリスと

Publicado en , , , , , , , , , , , , | Deja un comentario

Viaje no.6 Salamanca/旅行記 パート6 続・サラマンカ編

サラマンカ滞在3日目の目玉イベントはホルへの家族と食事をする、こと。ホルへ両親と私の父は今回が初対面。ということで、少々緊張した雰囲気で事前に予約したレストランへ。挨拶が済んだ後、いよいよ食事開始。たまたまその日はランチ(2皿+飲み物+デザート)があったため、それを注文。まず一皿目はイベリコ産生ハムやチョリソ、ロモなどの腸詰め盛り合わせ。2皿目は各自好きなものを(ステーキ、白身魚、ヒラメ、イベリコ豚のステーキ赤ワイン煮の中からチョイス)。本当は子豚の丸焼きを丸ごと注文する予定だったけど、父の希望によりそれはパス(以前ブログで子豚の焼く前の姿を載せたため、あまりのグロテスクさ&食べるのはかわいそうだということで)。その代わりに2皿分の子豚の丸焼きを注文しました(皿で注文すると切ってでてくるので子豚の顔は見ないですむ)。子豚の丸焼きはカスティージャ地方でのみ食べるルことができる料理で、こっちに来た時はぜひ。皮はパリパリ、肉はジューシー♪今回注文した子豚の丸焼きは子豚の顔が登場しなかったので、私の家族は無事に子豚の丸焼きを食べることができました。おじいちゃんは一皿目の生ハムやチョリソがかなり気に入ったみたいで残さずぺロリ。スペイン産赤ワインで元気になり、その日の主役はおじいちゃん。おじいちゃんの青春時代の話に花が咲きました。


El tercer día de la estancia en Salamanca demi familia, fuimos con los padres de Jorge para comer juntos en el restaurante"Gran Vía" .Mi padre no había conocido a sus padres hasta entonces y estaba un poco nervioso antes de la cita. Después de que les presentara a mi familia a sus padres, fuimos a la mesa que habíamos reservado el día anterior. Querian que probaran el tostón asado, pero mi padre no queria, porque ya había visto un cochinillo entero antes de asarlo en mi blog y decía que se sentiría culpable si lo comiera...bueno, eso es lo que decía antes de probarlo, en cuanto lo comió empezó a gustarle y finalmente se lo comió todo.Durante la comida disfrutabamos mucho charlando, con mucha risa, aunque mis padres no hablaban en castellano(mi madre intentaba hablar un poco de lo que está estudiando) nos lo pasamos muy bien. Sobre todo, mi abuelo estaba super contento después de tomar unas copas de vino y nos contó sobre su vida y como comoció con mi abuela..(Era muy interesante !)



1皿目の生ハム、チョリソなどの盛り合わせ。


子豚の丸焼き。

子豚の丸焼き味わい中。Mi padre está disfrutando de su tostón.


 
 やっぱりお気に入り観光地はカテドラル。その姿は本当に「おぉ~」という声が漏れるほど壮大。さらに、正面の彫刻に目を凝らしてみると・・・びっくり彫刻がいっぱい♪

Uno de los munumentos que más le ha gustado mi familia es la catedral. Después de explicarles sobre su historia y visitarla por dentro , fuimos a ver las fachadas muy populares...




正面の彫刻。サラマンカには旧カテドラルと新カテドラルが隣り合わせになっていて、新カテドラルの方は18世紀に完成。が、彫刻をよく見ると宇宙飛行士の彫刻やアイスを食べている山猫の姿が!まさか宇宙人の仕業、と思った方。ご安心ください。実は、時代とともに正面の彫刻の損傷が悪化してきたため、1992年、ミゲル・ロメロによる彫刻の修復作業開始。翌年の「20世紀時代と人物」という展覧会に即し、彼はその時代を代表する彫刻を新たに彫ることを決めました。ということで、「アポロ月面着陸を記念して宇宙飛行士の登場」が実現したわけです。その他、サラマンカ大学の学生をイメージした「アイスを食べる山猫」、サラマンカの地、川、空を代表する、「ザリガニ」、「ウサギ」、「コウノトリ」、そしてスペインの闘牛をイメージする「牛」




特に、「ウサギ」に触ると幸運が訪れる、というジンクスがあり、ウサギの彫刻は他の彫刻に比べると損傷が・・でも今のところ「ウサギタッチ禁止」命令はないので、大丈夫。
En 1992 trás la restauración de la fachada ,se hicieron las nuevas estructura por Miguel Romero.Hay un rumor que si tocas el conejo te da la suerte. Así que la figura de conejo está dañada.


カテドラル反対側から見た光景。



新カテドラルにはルネッサンス期とバロック期のパイプオルガンがあり、前者は長い間壊れたままになっていました。この様子を見かねた日本人オルガン製作者(故辻宏氏)が自らオルガンの修復を申し出て、1990年、見事ルネッサンス期オルガンの修復が完成。この背景には、1985年にサラマンカを訪問になった美智子様のご理解を始め、スペイン進出の日本企業、辻氏の出身である岐阜県からの資金提供など日本内外からの多くの人々の協力がありました。その後、今後の日本とサラマンカの友好を願い、岐阜県では新しい県民会館コンサートホールをサラマンカホールと命名し、サラマンカのオルガンの複製を辻氏に依頼。また同ホールの正面入り口にはサラマンカ大学の正面玄関や大聖堂正面入り口のレリーフの複製があります。これらの製作にはサラマンカの建築物と同様、ビジャマヨールの石を使用 
En la catedral de Salamanca hay 2 órgamos, de estilo renacentista y barroco, y el renacentista estaba estropeado desde hacía mucho tiempo hasta que un intérprete japonés de órgano , lo arregló y consiguió que escucharan su sonido de nuevo. Para arreglarlo necesitaba la ayuda économicamente de su ciudad de órigen(Gufju) y muchas empresas japonesas que estaban en España. Desde entonces Salamanca y su ciudad Guifu tienen una relación amistosa y , de hecho, en la ciudad Guifu hay un centro musical que se llama el centro Salamanca y allí hay una réplica de la fachada de la universidad de Salamanca y de la catedral.




カテドラル内部

La universidad de Salamanca. サラマンカ大学と蛙



Publicado en , , , , , | Deja un comentario