スペイン旅行のアドバイス

 Esta vez voy a escribir consejos sobre los viajes por España para los japoneses. Porque hay muchos japoneses a quienes les interesa viajar por España pero no tienen mucha información. Así que en este capitulo escribo qué tienen que traer en su maleta, cuándo es la mejor época, qué tienen que cuidar cuando viajan ,etc.

今年の夏休みはスペイン旅行を!ということで今回はスペイン旅行の際のちょっとしたアドバイスを書いていきます。
 
季節
 個人的に夏がお勧めです。夏は日が長く、夜は9時半頃まで明るいので、1日たっぷり遊ぶにはもってこいの季節。多くのバルはテラスを用意しているので、テラスに座りながら、ビール(ワイン)を片手に町の風景や人の様子を眺める、のが最高です。冬のスペインは、日本と同じように寒いです。場所にもよりますが、特にサラマンカは、超がつくほど寒く、乾燥しているため、肌に針が突き刺さるよう。ただホットチョコレートとチュロスが美味しい季節ではありますが・・・。


交通手段

 スペイン内の交通手段は鉄道、バス、飛行機があります。

鉄道
 Renfe(レンフェ)という会社が運営しています。最近ではAVE(特急列車)の交通網も充実してきており、マドリッドから各観光都市への交通手段に便利です。また、『スペインパス』という外国人向けにお得な回数券も販売されており、片道約40ユーロでAVEを利用することができます。最近では設備も整ってきているので、長距離移動も快適です。

バス
 時間がかかりますが、安いです。交通網が充実しているので、電車が通っていない場所へ行くときには重宝します。目的地により運営するバス会社が異なるので、あらかじめ調べておく必要あり。代表的な会社はAuto-Res(アウト・レス)Alsa(アルサ)Iñigo(イニーゴ)で、マドリッドからサラマンカへの移動はAuto-Resが運営しています。

飛行機
  他の交通手段に比べると若干高いです。ただ早めに予約すると、格安で購入できる場合がありますので(鉄道やバスより安い場合もあり)、インターネットでチェックすることをお勧めします。

持ち物
 ほとんどの物はスペインで購入できますので、いざというときはスーパーに駆け込めばOK。ただ必要不可欠なのが「サングラス」。スペインの日差しは非常に強く、サングラスなしで外を歩くことはできません。こちらでサングラスを買う、という手もありますが、スペイン人は日本人より鼻が高いので、日本人がかけるとずれ落ちてきます(少なくとも私は・・・)。電化製品をお使いになる場合は、日本でスペイン用変換プラグを購入する必要があります。ほとんどの電化製品は変換プラグのみで使えるので、変圧器は特に必要ありません。ただ、海外でも使えるヘアーアイロンをお持ちの方は、スペインで使った際にショートしやすいみたいなのでお気をつけください。
 
 服装
 よく、「スペインでスリにあわないように、服装は目立たなくて、ちょっと古めかしい服を着たほうがいい」というコメントがありますが、個人的には日本で着ているのと同じような服装でいいと思います。スペインの流行は日本の流行とよく似ていますし、女の人が宝石やネックレスを身に着けているのは結構当たり前の風景です。スペイン人はおしゃれな人が多い、というのが私の印象。スリにあい易い人というのは、身の回りの所持品の管理が甘い観光客が対象になりやすく、服装はあまり関係ありません。バックは特に何でもいいとは思いますが、私はいつも斜めがけできるバックを使っています。いつでも両手が使えるし、バックを体の前に持っていれば、安心です。(私はバックを後ろにかけていたら財布を盗まれました・・・。)ただどこへ行っても、貴重品の管理は十分お気をつけください。念には念を!です。

習慣
 特に食事の時間は要注意です。スペイン人の昼食時間は2時から4時です。ランチメニューがあり、充実した食事をすることができます。ただ2時にお昼、というのはちょっと遅い。お腹がすいたけど、まだレストランが開いていない、そういう時にお勧めなのが、バルにてピンチョでちょっと一服。ピンチョの量はだいたいおつまみ程度なので、軽く食べたいときにはもってこいです。各都市のピンチョを楽しんでみるのも面白いのでは?夏場の旅行の際、昼食後から6時頃までの外歩きは暑すぎてバテますから、お勧めしません。ホテルで昼寝をするか、涼しいバルで一服がいいのでは・・。またスペイン人の晩御飯時間は早くて8時頃からです。
バルの中。たくさんピンチョが並んでいます。

ピンチョ。スペアリブ。


チップ
 日本人にとって一番困るのがチップ。基本的に、スペインではチップの制度がないので、自分が本当によくしてもらった!と思ったときにだけ、チップを払います。チップを払う場面の一例を出しますと、例えば、レストランでサービスが良くて、満足した時、支払いの際にお釣りで返ってきた数十セントを置いていく、タクシーの運転手に数十セント渡す、などです。ただタクシーの運転手は日本人観光客と見ると、実際より割高に請求してくることがあるので、これも場合によりけりです。また、よくガイドブック等に「ホテルを出る際に、1人1ユーロずつチップを置いていったほうがいい」等と書いてありますが、特に払う必要ありません。私を含め、私が知っている限りスペイン人はホテルのサービスにチップを払いません。いずれにしても、チップを出さなければいけない、ということはないので、自分が満足したときにだけ20セント(約20円)ぐらいおく程度でいいと思います。

おみやげ
 代表的なのが、ワイン、トゥロン(クリスマスによく食べられるお菓子)、バロール会社のチョコレート、オリーブの実、オリーブオイル、皮製品等です。生ハム等の詰め物は見つかると税関で没収されますので、自分のお腹に詰め込んで帰ったほうがよさそうです。また、アンチョビやガスパチョは日本人に人気がありますが、要冷蔵ですので、持ち帰りはやめた方がよさそうです。
トゥロン

Esta entrada fue publicada en ,,,,,,,. Bookmark the permalink.

Deja un Comentario